カートをみる 会員ページにログイン ご利用案内/返品・交換について お問い合せ サイトマップ 店舗のご案内

☆ VISION 1/43 ポルシェ 962 GTi "ライカ" 1989 ルマン24H #15 S.アンドスカー/D.ホッブズ/D.ヒル

商品番号:VM102B-ND

☆ VISION 1/43 ポルシェ 962 GTi "ライカ" 1989 ルマン24H #15 S.アンドスカー/D.ホッブズ/D.ヒル

メーカー:VISION
型番:VM102B-ND
JANコード: 4573433682601
価格:

25,920円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品・交換について
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

■ 商品説明

ポルシェ956/962シリーズは1982年から約10年もの間、世界中のレースで活躍してきました。ワークスとして出場したマシン以外にも多くのプライベートチームが956/962を改造しワークスと熾烈な戦いを繰り広げました。1987年、RLRはポルシェ962Cを改造し「962 GTi」と呼ばれる車両を制作しました。RLRは956/962のウィークがモノコックである事を見抜いていました。RLRはシャーシをアルミ・ハニカムで造り直し強度、剛性を強化しました。また空力特性の改善のために曲面で構成されたカウルを制作しました。テールエンドは切り落とされ、カウル一体で構成されていたリアウィングはコースによって高さ、大きさが容易に変更できるようになりました。1989年のルマン24時間レースでは2台の「962 GTi」がリチャード・ロイド・レーシングよりエントリーしました。真っ赤な“CABIN”カラーに彩られた”14号車はデリック・ベル、ティフ・ニーデル、ジェームス・ウィーバーのドライブにより順調にラップを重ねていきましたが、レース終盤にエンジンより出火、リタイアとなってしまいました。ブラックを纏った”RAIKA GROUP”の15号車はデーモン・ヒル、スティーブン・アンドスカー、デビッド・ホッブスの3人のドライバーが担当。こちらもエンジントラブルでリタイヤという結果に終わっています。既に弊社で開発した1990年型962GTiをベースに、1989年のルマンに出場した時のディティールを再現しました。フロントカウルのダクト形状や、サイドパネルの分割も再現。エンジンフード上のエアアウトレットはルーバーが切ってある板が被せられているのでエッチングパーツを用いて再現しています。リアウィングも2枚構成になっていますのでF1のモデルカーで培った”半田付け”で固定することで繊細な厚さと強度を両立させました。※はめ込みアクリルベース、クリアーカバー、飾り箱付属

■ 商品仕様

製品名☆ VISION 1/43 ポルシェ 962 GTi "ライカ" 1989 ルマン24H #15 S.アンドスカー/D.ホッブズ/D.ヒル
型番VM102B-ND
JANコード 4573433682601
メーカーVISION
製造年2017年


【☆会員割引対象外商品です】